2009-12-01から1ヶ月間の記事一覧

夜の監視

星も月もきれい だって午前の二時だもの このあたりじゃ世界が一番 美しい時間 車の一つも通らない このあたり本来の空気の匂い 静かで静かで ペットボトルがビンみたい 僕がぜんぜん若いから あの人は平気で服をぬぐ 虫の死んでるこの季節 いつになく猫も大…

未来のすべて

年末が押し詰められて 膨張しきった時間を前に 未来のすべてが不安になった 愛だけを信じて 炬燵に入ってくつしたを編んでいます 血が流れても 雪が積もっても くるくる回る編み棒の永遠が 世界の法則を支配している 永劫そうであったらいいのに あなたが僕…

ここにいる

逃げたいな どんなに美しくても 踏み出せない 勇気がほしい 心配事がたくさん 地雷のように 爆発を待ちながら 愛する人 弓を引く恰好で 汗を たらたら 手がしびれ やる気がおきないから ただ寝ている 心だけ脱けだして ここにいる 数をかぞえて 息をひそめて…

永遠

いつか僕のことを忘れてもセックスフレンドでいられるような温度の予感に安心するんだよ 刷り込むように練り込むように執拗にするのは十年後二十年後を見越してのこと 眠っていても敏感に 亡くなっていても蘇るように 全身全霊こめている 夕焼けは何度も美し…

よいよいのホイ

運河の澄み渡る源の夕べ インカ帝国もありうべふ様相を隠す いまいちただなんだか隠蔽する 北海道に行くぜ僕は ただ 一抹の不安 なるもの いつまでも 永遠 知らざることなけれど 君 バカ 殺すぞ 何故 つらい 辛い つらい 辛い ヨーロッパばりの風説 流布 夕…

宮仕えの破戒録

Yeah 今夜も朝から始まった 俺たちの殺人的な宮仕え す、ご、く、オ、シャレーなカフェーで おいしいものばっか頼んでる 帝を叱る いまいちぴんと来ないけど和歌を詠む おおと褒められ ヨイヨイの大合唱 本当はギャンを組み立てたい いたって自堕落宮廷生活 …

とまらりません

極寒の地でおしっこをしたら ちんちんが凍ったから ぽきんと追って 胡錦涛に献上 ワオ よく冷えていておいしいわい ちんちんをなくした女の子 おっぱいがないのを気に病んで 雪をあつめて胸にのせ これでどうだと大絶叫 そのままそこにはりついた おっぱいは…

同一人物

Yeah オマエは誰 Yeah 俺はオマエ Yeah 同一人物 群がる 妊娠人間 の群れ 小春日和 より穏やかに 戒められたなら 教会人間 シンバルとともに飛んでいく円盤 夢見心地に新たなる快感 セポイの欄を埋め尽くせ 未だかつてない鉄砲戦術 自分が今どちらの部屋にい…