ふくらんだ理解

きれいなものは澄んでいる

邪悪なものは色ずんでいる

ほんとうの色はひかりではない

こころもち

ただまっさらななにもないむね


わたしの気持ちはひとごろしと変わりません

とうてい理解ができないでしょう

そのかがやきはふるえています

あんまり複雑だからです


夢に見るなりあなたは言う

夢にみたよとはりきって告げる

わたしはかならず注意したい

ちぎれる前に

持って来なさい


知らないことを知ってることにするために

みんなは頭を使うのだ

それがぼくにはとてもかなしい

どうして澄ましていられないのか?

どうして澄ましていられないのか?


色ばかの世界でカラフルになって

かたちのことを忘れているのだ

すべてのものが当然あって

ごちゃごちゃだけどまっさらなむね


ただなにもないまっさらなむね

理解で僕を君達は叩く

理解した理解した

理解によればあなたは揺れた

震えた

こころをきっとこのようにした

わたしはそうだと理解したのだ!


ああ

転がっているわたくしのむね

ごろごろと死ぬ

わたくしのむね

きれいなものは澄んでいる

ただそれだけの単純な夢