紗希

薄塩のポカリ

汗をかいたワイングラス

小さく泣く空の声

荒廃しきって誰にも会いたくない

 

くたびれた身体から疲労がなかなか抜けていかない

嘆く人々

足元に闇が沈殿する

 

仮眠室の女と

文通する

 

愛という場面をお手軽に

書き割りの前で記念写真

月の満ち欠けをストップウォッチで

ちょうどのところで子供を起こして

 

夕陽が落ちたら困るのだ

夜中に水は搾り取られる

昼間はただ部屋の中

警察も眠ってる