本能爾

真空の干涸らびた喉で

君の胸に僕の君の歌

貫通させてた時代が憎い

今じゃ嘘みたい

妄想の枯渇した脳で姦通