散々だ

毎日こんなに幸福なのに

どうしてこんなにつらいのか

天国の生えた土の下

地獄が埋まってる


今日のあなたは優しいけれど

明日は誰にもわからない

わたしを殺して彼も殺して

一人で生きていく


頭のおかしい天気屋さんを

かついで涙の大盛り上がりを

張り切りすぎて町内のうわさ

魔界のしたたるみずしるべ


穴だらけ

柏木の罪深き

ヨロイをかなぐりすてるには

かなりの勇気とほどほどの器

木漏れ日の下で玄関を


ちらほらこまごまコリアンダー

ボーダーの忌引きは嘘まみれ

悲しくて死にたくなるけれど

やめられない


つぎつぎに崩れていく小学校

ついに僕らも廃校に

懐かしむ僕の微笑みをよそに

みんなニタニタ嘔吐


どうぞよろしく明日の準備を

毎日毎日ごくろうさん

目を舐める

ただ君を大切に思うので

その傷をずっとなめていたい

ちいさなあめ玉の心を

だんだんとかして飲み込んでいこう

 

血は苦手です

注射も嫌いです

林檎のように切り刻まれて

あふれ出るのは仕方ないのです

 

それを湖だとしてそこで泣く

桟橋に腰かけて山を見る

足は冷たく

頭には朝露が降りる

 

かすみが傷を包む

透明に美しくラッピングする

立ち止まっても踊ってるように

心臓は活発にうずく

 

流れていく

あるいは水玉のように

うたかたのように

シャボンのように

 

涙のように

僕らはお互い知らないうちに

つらい思いをそれぞれしていて

人を殴ったり腕を切ったり

 

言葉をどこかに書き綴ったり

お茶を飲むくらいで済むならいいのに

だから出会った時

もう僕は言った

 

君はどうだ? あれから少しは落ち着いたなら

ゆっくりまたえびせんべいでもかじりながら

金持ちの君んちのあの二階の応接室で

将棋でも指すような距離で向き合って

 

まだ何もなかった頃のように

これから何かがあるかのように

そうだ夏の日の畳のうえで

冷えた足だけを重ねていよう

 

愛しているのは君だけでなく

その時を

成り立たせていたすべてのものだ

そのくらい僕はあの瞬間が好きだったのだ

 

味のないあめ玉を少しずつ溶かす

それがあの時の君の肌の味であるならば

それが傷ついた君の心であるならば

それが抱きしめることと何も変わらないのなら

 

何もない口の中に君を浮かべる

ころころと考えてみる

少しもの悲しい香り

最も美しい天気は絶対に

 

あの日

僕は死にそうだ

コーラの色さえ疑わしくて

すべて嘘だと夜に叫ぶ

自転車で走れば僕の手も足も

風を切る頬もとても愛しくて

生きている!

みなぎる力に命を知るけど

それだって僕も手も足も空中に浮いているだけで

風を切る頬も何だって同じで

地球からすら見放されている

ほとんど孤独の証明のようで

だからやけくそに身体が内から

生きている! 生きている!

涙が口からあふれ出て落ちる

僕は死にそうだ

紗希

薄塩のポカリ

汗をかいたワイングラス

小さく泣く空の声

荒廃しきって誰にも会いたくない

 

くたびれた身体から疲労がなかなか抜けていかない

嘆く人々

足元に闇が沈殿する

 

仮眠室の女と

文通する

 

愛という場面をお手軽に

書き割りの前で記念写真

月の満ち欠けをストップウォッチで

ちょうどのところで子供を起こして

 

夕陽が落ちたら困るのだ

夜中に水は搾り取られる

昼間はただ部屋の中

警察も眠ってる

ようこそ

永遠

眠気と同じ

歩く星と足音の夜

愛した人の残像のスタンプ

LINEで送られてきます

変わっていることの心地よさ

 

降りてくる

梅雨どきを見はからう

そういえばもう生まれて何年

ようこそ

さよなら

ようこそ

ばいばい

 

暑い日も寒い日も

何かにつけて思い出し

苦くもなく甘くもない

いとしさ

時間を抱きしめているのです

 

辛かったこと

幸福だったこと

すべては時間

さよならまでも

それからも

こんにちはだって

久しぶりだって

永遠の時間

 

雪をまつ

雨をみる

土はみあげて

空はみおろす